裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

日本プロ野球界の3A化を憂う…

上原・井川・谷(ブルータス!谷までもか…)といった日本プロ野球界のトップ選手のメジャー志向が明らかになっている今オフだが、全くさびしい限りである。

応援しているホークスに目を向けても、抜けた井口だけでなく、城島・和田といった超お宝選手までメジャーを志向しているそうな…(城島はキャッチャーとしては頭がいいけど、英語などの勉学面は超苦手そうでキャッチャーとしてそれではまずいだろうから結局は行けないだろうけど…)。

潜在的な部分までを考えると、日本プロ野球界の超一流選手は皆メジャーへ行きたがっているように思われる。

日本のプロスポーツで最も素質のある連中がしのぎを削るプロ野球界ともなれば、選手はそれこそ命がけで生活のすべてを野球に捧げているのだろうが、それだけに、トップレベルの選手ともなると「自分がどこまで高いレベルでやれるか試してやる!」「世界の中でトップ・オブ・ザ・トップになってやる!」と思わずにはいられないのだろう…。

たまに、格闘技で絶対に勝ち目のないほど強い選手とのマッチメークを「ラッキーパンチを当ててやる」といった心持ちで受ける猪武者的な選手がいるが、毎日試合のある野球には格闘技のようなラッキーパンチがないので、自分によほどの自信がなかったら、日本球界においての名誉ある地位を捨ててまでメジャーに挑戦しようとは思わないだろう(逆に日本でも中途半端な選手なのに、メジャー思考な選手がいるが、これなどはラッキーパンチを狙っているのかもしれない…)。

地位やお金の安定を捨ててまで、トップレベルで自分を試したいと思う選手の気持ちの前向きさにはただただ恐れ入るばかりである。

しかし、多くのファンは日本プロ野球界がメジャーの3A化していくことに強い危惧を持っていると思う。

日本では年俸にあれほどうるさかったクセに、年俸などの条件はいいから、なりふり構わずメジャーに行きたい…という中村ノリのような選手を見ると余計に情けない気持ちにさせられる。

球界改革が進んで、ウェーバー制が導入される代わりにFA権の取得年数が早まったりしたら、余計にメジャー志向に拍車がかかるだろう。

こういう流れというのは一度勢いがついたら滝が流れるように一つの方向に傾きやすいので、本当に危惧感を拭えない。

日本球界が3A化したら、日本のプロ野球に骨をうずめる覚悟でがんばっている選手が何ともかわいそうだし、往年の日本球界の名選手達もかわいそうである。

また、トップ選手のいないリーグというのは華が無いし(巨人も松井が抜けて華が無くなった…)、それこそチームを減らして1リーグにでもならないと日本球界そのものが成り立たなくなるかもしれない。

ところで、選手はともかくファンには、主に「メジャーで活躍する日本人選手」を見たいのであって、メジャーリーグそのものを楽しもうとしている人は少ないのではないだろうか…。

スポーツ新聞のトップに、ほんのちょっとしたことだけで「イチロー」「松井秀」「松井稼」という字が躍っていたのを目にするたびにうんざりした気持ちになっていたのだが(初年度と昨年のイチローに限っては許す!また、日本人メジャーリーガーには敬意を表している)、そういうことだけを喜ぶ人というのは本当にメジャーを愛していることにはならないだろう(パンチョも残念がるぞ!)。

大体、大リーグには30チームものチームあって、チーム名を覚えるだけでも指南のワザだろし、あんなに多くの“外人選手”に日本人が感情移入できるはずなどないから(地理好きの私としてはアメリカの50州ならばほぼすべて言えるが…)、そういう意味ではメジャーより日本のプロ野球のほうが圧倒的に日本人に愛されているはずである。

メジャーと日本のプロ野球とでは、プレイのレベルが違うと言う声もあるだろう。

確かに、素人目にも欧州のリーグとの実力差がわかるサッカーであれば、向こうを見ようとするファンの気持ちはまだわかる。

しかし、メジャーと日本のプロ野球の実力差はサッカーほどまでには開いていないだろう(そういや、銅メダルしかとれなかったことに強く失望して、「もう野球は見ん!」と怒っていたな、俺…)。

実際にきちんと野球をやったことがある人か(私はない…)よほど目の肥えたファンでなければ日本のプロ野球をさておいてまでメジャーを見ようとは思わないのだはないかと私は思うだがどうだろうか…。

ボクシングやキックボクシングだって実際にやったものにしかわからない観点というのは多数存在しているが(だから、PRIDEのような総合格闘技こそが最強を決するという意味で価値がある?とは思いながらも、K-1のような立ち技のほうが技術がわかるので個人的には楽しめる)、スポーツなんてすべてそんなものだろう。

オリンピック競技だって専門家の観点で見ることのできる競技は自分が一生懸命にやったことのある競技だけで他の競技は素人として楽しむはずである。

野球においてバッターのパワーやピッチャーの投げる球の球速が速いからといって、それがそのまま選手のレベルにつながるわけではないことを考えても、素人目でメジャーとプロ野球のレベルの違いがどれほどのものかがわかるとは到底思えない。

ということで、あまり日本プロ野球界がさびしくなっては困る!

ところで、余談だがこれだけは素人目にもわかるというのがある。

投手と打者を撮影するカメラのアングルに関してはメジャーのほうが圧倒的に変化球の球筋やストライクゾーンがわかりやすいアングルで撮っている。

これに関しては何故、日本ではメジャーのように投手の真後ろあたりからでなく、斜め後ろあたりから撮っているのか理解に苦しむ。

ピッチャーの投げる球の球筋が良く見えるという点においてはメジャーの試合のほうが断然楽しめる…。

これ、どうにかならんかね…。