裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

携帯電話を買い換えました

一昨日、携帯電話を買い換えた。

SANYOのW32SAという機種である。

携帯電話のカメラが故障していたので、auショップに行ったら、お姉さんから申し訳なさそうに「水没してますね~」と言われた。

そういえば、濡れた手で携帯電話を触った記憶があるのだが、どうやらその程度で壊れてしまうようである(ヤワなヤツめ!)。

カメラ以外は全く壊れていなかったが、「そろそろ買い換えてもいいかな?」と思っていたこともあって買い換えることにした(株で大損した昨日の前日の出来事です…(笑))。

ここ数年はずっとソニーエリクソン製を使っていたのだが、予測変換全盛の時代においてジョグダイヤルには逆に不便さを感じるようになっていたし(今は、当のソニエリジョグダイヤルをやめている)、今回のソニエリはデザインがカッコ悪いので買うのを見送ることにした(この機種はデザインが悪かったらおしまいなんで…)。

…で、携帯ヲタのウチの彼女からそれぞれの機種の特徴についてコンサルティング(要は自分がいぢりたい携帯を買わせたい意図もあるのか?)をあれこれと聞かされながら悩んだ挙句に買ったのが先に挙げたSANYOのW32SAである。

スペックが高いことの他にテレビが見られることに惹かれて、予定していた予算より全然高い機種を買ってしまった。

「日常生活において、テレビを1秒も見ない日が週に5日ぐらいある(ハードディスクでまとめて見たりはするが)俺にそんな機能はいらんだろ!」と自分ツッコミを入れてみたりはしたが、デザインは悪くないし、昔から一度は持ってみたかったオレンジ色があるし、画質はいいし、FMラジオなんかも聴けたりするし(もちろん日常生活では全く聴きませぬ…)、「これいいぢゃん!」ということで思い切って買っちゃいますた。

1,000ポイントの割引を使って、18,960円也ですた。

残念ながらPCサイトビューワ機能だけはついてないのだが、後でよく考えたら「これが一番欲しかったのかも…」と思ってしまった(あと、ディズニーモードが充実しているが、これはイラネ…)。

しかし、携帯電話本体の料金というのは高いといえば高いが、通話ができて、インターネットができて、音楽プレイヤーとして使え(FMトランスミッター搭載だったりもする)、ボイスレコーダー機能があって、テレビが見られて(録画もできる)、ラジオが聴けて、デジタルビデオ&デジカメとして使え、ゲームもできて、電卓や辞書としても使え、電波時計を搭載してて、GPS&カーネビ機能があって、アラーム機能があって、各種リモコンとしても使え、スケジュール管理などもできて、他にも数え切れないほどの機能があって、こうまで小さいのだから、いくらインセンティヴがあるとはいえ、よくよく考えると異常なまでの安さなのではないかと思ってしまう。

ウチの彼女が携帯ヲタな理由にはその辺のすばらしさのためなのらしいのだが、そう力説されると納得してしまう(笑)。

ところで、今回、私自身が毎月300円も払って指定割引にしてある番号をかなり久々に知ったのだが、そのうちの1人はウチの彼女なのでOKだったものの、あとの2つは、2年前に辞めた会社の番号と、会社員時代に一緒に仕事をしていたアルバイトの女性のYさん(今でもすごく仲良いが…)の番号だったのにはビックリした。

両方ともほとんどかけてないじゃん!(特に会社には全くかけていない)。

しかし、このことからも私がいかに携帯電話に無頓着な人間であるかがわかろうかというものである(まあ、彼女以外にヘビーにかける人は一人もいないのだけど…)。

実際、この携帯をいぢり倒しているのは私よりはウチの彼女のほうである(笑)。

でも、昨日、六本木駅からバイト先の六本木ヒルズまで相撲中継を見ながら歩いたのだが、これはなかなか新鮮な感覚だった(これでもう、ヒポクラ師が待ち合わせに遅れても大丈夫だわいな!)。

あと、人間は携帯電話を手に入れることで、子供のときに憧れた、テレパシー機能と同じような能力を手にしたことになるわけだが、携帯電話のせいで浮気の発覚率も上がりまくっているんだろうな~。

「あんたこのメールは何?」「あんた!今どこで何してんの?」って感じで…(笑)。