裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

R.I.S.E. DEAD OR ALIVEトーナメント

キックボクシングイベント「R.I.S.E.」における一年の総決算ともいえるDEAD OR ALIVEトーナメントに行った。

もちろん応援していたのは、同じ仕事先でインストラクターをしている寒川直喜選手とTATSUJI選手である(寒川選手はジムも同じだが…)。

一回戦第一試合は名前が一番売れている我龍真吾選手とTATSUJIさんの試合だったが、やはりボクシング元国体3位でボクシングの基本に勝るTATSUJIさんが当て勘の良い我流選手相手に有利に試合を進めて勝利した。

我流選手は元々ライト級の選手で、今はウェルター級で戦っているものの、ウェルター級でも絞りきれていないこともあり、その辺が不利に働いた面はおそらくあるのだろう…(TATSUJIさんも元々軽い階級だったが、彼はビルドアップに成功している)。

城戸康裕選手は学生キック二冠王だが、私が昔に獲得した学生キックウェルター級のベルトを私の数年後に獲得した選手なこともあって、がんばって欲しかったし、優位に試合を進めていたのだが、水谷秀樹選手のまさかのハイキックで倒されてしまった。

「城戸選手が上がるほうがTATSUJIさんにとっては嫌だったのだろうな…」と勝手に想像してしまったので、「ある意味TATSUJIさんにとってはラッキーだな」とも思った。

個人的に優勝候補と目していたのはTATSUJIさん・龍二選手・白虎選手の3選手だったが一回戦でこの優勝候補同士がぶつかるのだから皮肉である。

レベルの高い試合の末、安定して試合を支配できていた白虎選手が勝利した(龍二選手のラッシュ力はすごかったが…)。

それにしても白虎選手があまりに好選手だったのでビックリした。

第四試合はまあ危なげなく寒川さんが勝利して準決勝に駒を進めた。

準決勝第一試合では1ラウンド目に、TATSUJIさんがまさかのハイキックによるダウン(あれダウンなの?)を喫したが、自力で勝っていたからあまり心配をせずに見ていたら、やっぱりきちんとダウンを取り返して完勝した。

準決勝が終わった後にTATSUJIさんがダッシュで花道を引き上げるのを見て「ローキックのダメージが全くない…たぶん優勝はTATSUJIさんだろうな…」と思った。

準決勝第二試合は、寒川さんにとっては過去最強の強敵を迎えたかたちとなったが、善戦及ばず無念のKO負けとなった。

止めるのがあまりに早すぎた気がしたのだけれども…。

一般的にホープ系のキックボクサーはちょうどこの頃に強い選手をぶつけられるようになって壁に当たるようになるわけで、今日がその日だったのだろう。

これを糧にして寒川さんにはがんばって欲しいものである。

決勝は足がほぼ無傷で済んだTATSUJIさんと満身創痍の白虎選手の対決となったが、白虎選手の足は既に爆発寸前だったようで、あっけなく決まった(去年と同じで一瞬で決勝が決まるパターンか…)。

というわけでTATSUJIさんが優勝したのだが、K-1MAXなどの次のステップに進むことになるのであろう。

がんばって欲しいものである。

そういや、まだTATSUJIさんにチケット代払ってなかったわい…(優勝賞金は100万円だったけど…(笑))。

あと、自分の後ろの席にはルスラン&アラン・カラエフコンビが座っておられますた…。