裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

ライオンキング①

昨日、劇団四季の「ライオンキング」を観劇に行った。

今日は、今年の実質的な初雪にして8㎝ほどの大雪だが、昨日はそうではなかったので運が良かった…。

 

四季劇場1ヶ月前ぐらいにチケットを取っていたこともあって、見る前から相当な期待をして行ったのだが、その期待を裏切らないすばらしい内容であった。

ミュージカルやオペラなどというのものは、どこでどう感動しているのかわからないけど、何故か感動して涙が出そうになるということがあるが、(ごちゃごちゃ感想を書くのはよしておくが…)この日はまさしくそういったことの連続であった(ちなみに、コチラからCFを見ることができます)。

 

今回は6,300円のB席を劇団四季のサイトから購入したが、次回見る時は11,550円もするけど、できれば高いS席から迫力ある表情や躍動感あふれるダンスを見たり美しい歌声を聞いたりしたい!(そうでない場合はオペラグラスがあったほうが良いな…)。

また、今回は全体の様子を把握しやすい2階席から俯瞰したが、次回は1階席から別の角度で見てみたいと思う(まあ、超ロングラン公演だし、別のミュージカルを見るほうが先になるとは思うけど…)。

そういえば、1階席はかなり埋まっていたようだけど、超ロングラン公演だし、平日であることもあって2階のS席だけはガラガラだった…。

 

あと、終演後なんて、思わず82ページもあるパンフレット(1,600円也)を買って読み込んでしまいましたよ…(笑)。

 

現在、東京では以下の公演が行われているようである。

四季劇場[春](浜松町)「ライオンキング」

四季劇場[秋](浜松町)「クレイジー・フォー・ユー

自由劇場(浜松町)「鹿鳴館

電通四季劇場[海](汐留)「オペラ座の怪人

キャッツシアター(五反田)「キャッツ」

 

マンマ・ミーア!」は大阪、「美女と野獣」は福岡なのが悔しい(笑)。

多分、次回行くとしたら「キャッツ」か「オペラ座の怪人」なのだろうが、三島由紀夫の「鹿鳴館」がえらく気になる…(笑)。

しかも、「鹿鳴館」はどの回も満席なようで延長決定らしい。

 

昔、劇団四季の本社がある横浜市青葉区あざみ野に住んでいたこともあって、前から劇団四季には親近感あった。

関係ないけど、四季株式会社ってすばらしい会社だが、非上場なんだろうけど財務諸表の内容もえらく良いですなあ…(笑)。