裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

シンプルライフへの憧れ①

格差社会だの下流社会だのというキーワードが流行っているが、私のような下流もいいところな人間にとっては「仲間が増えたわい!」というぐらいにしか思えない。

しかし、「下流でも心豊かに生きねば…」とはつとに思う。

森永卓郎氏の「年収300万円」ではないが、最近、「自分にとって必要だな…」と思うのは、貧乏くささやひもじさを感じないほどに無駄を省いた生活をすることの必要性についてである。

サラリーマンじゃないからいつコケるかわからないという不安を背負って生活する者にとって「耐窮性」は必須項目だと思うのだ。

特にお坊っちゃん育ち&これまであまりそういうことを考えずに生きてきた私にとってこれはこの上ない必須項目である。

また、将来結婚して子供でも持とうと思うものならこういった習慣をつけといて損はないと思うのだ。

 

下流でも心豊かに生きねば…」という目標には、下流&負け組人間ならではの負け惜しみが全くないとはいえないかもしれないが、「贅沢をしなくても心豊かに生活をできる人間になりたいし、そうでありたい」という思いは強い。

「贅沢できることにこしたことはないのだろうが、贅沢しなくても豊かさを満喫できる強さにはかなうまい…」と思う。

「年収が1,500万円を超えたら豊かになっても豊かさと幸せは比例しなくなる」とはよく聞くが、「貧しくても富裕層と同じような心的豊かさを持てる人間になれれば怖いもの無しだな…」と最近は心から思う。

 

そのために、すべての出費に対して本当に必要か不必要かを判断せねばなるまい…。

以下、セコイけど私の場合についてちょっと考えてみた。

これぐらいの我慢であれば心の豊かさには影響ないと思う(?)。

 

① 今のところ必要→ 新聞、携帯電話、VDSL(インターネット環境)

② 不要かな?→ 日経CNBCと格闘技番組を見るためのケーブルTV

③ 長期的には検討したほうが良いのかな?→ それなりに払っている家賃

④ 悔しいけど不要とはいえないもの→ 洗髪やスタイリングなどの無意味なことに時間と金をかけるのは悔しいが美容院代(染髪はもちろん自前)、たまに買う洋服代(悔しいけど安いのはセンスが悪い…。でもインナーはユニクロ

⑤ 不要なもの→ 無駄な光熱費、無駄な飲み代、無駄な外食(回数も費用も減らす)、小さい無駄な買い物

バランス取りが必要なもの→大好きな旅行や格闘技観戦やミュージカル鑑賞には本当は行きたいけど、冠婚葬祭が多い時期にはそんなこと言ってはいられまへん

⑦ 無駄は禁物なもの→ いくら本が好きでも簡単には買わず、速報性がそれほどいらない場合は、古本を買ったり、図書館で借りたり、文庫化するのを待つようにする。もしくはがんばって立ち読みする(笑)

⑧ セコイけどがんばれ!→ ペットボトルに家の浄水器の水を入れて持ち歩く(このところ実行中)、ジュースの類は買わない

⑨ これからも不要→ 自家用車(東京在住の場合)、持ち家&マンション(固定金利の可否なども絡むが…)、自分にご褒美系のサービス(私に有料の癒しはいらぬ)

⑩ 将来→ 子供の教育に無駄な金はかけず手間をかける、金利よりインフレ率が高くなるという確信がない限りローンはしない、所有よりレンタルが安い場合はレンタルする

 

次回は、もうちょっと細かいことを書きます。

本当にくだらない私事ばかりを書いてすみません…。