裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

クロアチアは英語だと「クロエイシア」らしい…

それにしても往生際悪すぎます!

ブラジルに2点差以上つけて勝てるわけねえだろ!(日本の決勝トーナメント進出はオッズ1.1だったとしても全財産賭けるに値する賭けだわな…)。

でもまあ、昨日のクロアチア戦での川口選手と中田選手と中澤選手のがんばりはかなりのものでしたな…。

他の選手もそうだったけどこの3人の闘志が思いっきり前に出ていた気がする(発熱していたのに灼熱のなかがんばった中村選手も立派だが…)。

 

しかし、柳沢選手は別…(笑)。

彼は見るたびにファンタジスタぶりを発揮している気がするのだが、それでも日韓・ドイツ両ワールドカップで先発として固定されているのをみると、私のようなサッカー素人にはわからない魅力があるのだろう。

良い攻めをするけど決定力がないことが永遠の課題である日本に求められているのは違うタイプの選手だと私はいつも思っているのだが…。

 

とはいえ、あの試合内容を見たらドローでも「良くやった!」って感じであろう。

確かにボールキープ率は遮二無二なって動いていた日本のほうが高かった気がするけど、チャンスの数は圧倒的にクロアチアのほうが上だったわな…。

クロアチアが「勝てた試合を落とした…」と言うのならわかるけど、どうして「日本が勝てた試合なのに…」って試合直後に中田選手が言っていたのかは不思議でしょうがない。

まあ、これもオイラがサッカーをわかっていないからなのでしょう…。

 

一つ私らしいことを言わせてもらえば、クロアチアの人口は日本の30分の1程度しかいないってことぐらいですかな…(笑)。

 

そういえば、試合後渋谷で大騒ぎしたバカどもがいたらしいけど、引き分けで、しかも決勝トーナメント進出はほぼ絶望ってことがわかったのに何故騒ぐのだ?

まだ、ふがいない試合内容に腹を立てたために騒いだっていうのならわかるけど、どうみてもこの上ない善戦だったからそうは思えないわけで、ただただヤツらは騒ぎたくて騒いでいるということがわかったわけである…。

まあ、こういうのをフーリガンと言うのかな?

そんなバカ達にはなんらかの罰を与えて欲しいものである。

 

あと、試合は見ていないけど韓国はフランス相手にスゴイっすね…。

何がすごいって、勝ったとか引き分けたってことではなく、逆転したり追いついたりするその粘り強さがです…。

和食ではキムチ&ニンニクパワーには絶対に勝てませぬな…。

 

韓国でふと思い出した…(笑)。

実際には踏んでいたのに3塁ベースを踏んでいないと言いがかりをつけた今江くんがいるセコいロッテ(もちろん李スンヨプ選手ではなく小関選手に同情…)はソフトバンクのライバルチームだから大嫌いだけど(西武は2番目に好きな球団なくせに…)、ヤクルトには、いや、セ・リーグのチームには交流戦1位を明け渡して欲しくないなあ…。

 

あと、楽天

セ・リーグ相手にはめっぽう強いっすね…!

いい感じっす!