裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

今日の雑感

レジ袋が有料化する流れにあるが、私はレジ袋の95%以上は家庭ゴミ用のゴミ袋として有効に使っている。

これまた、渦中の亀田興毅選手がイメージキャラクターだから笑ってしまうが、世の中にレジ袋を無駄にするヤツがいるのであれば、これまで無料で有効に使わせてもらっていたレジ袋を、有料で有効に使わせてもらうしかないのかな…(特にコンビニの小さすぎてゴミ袋にならないような袋はいらんな…)。

レジ袋の有料化なんかより、過剰包装の禁止や(特に六本木“ぼったくり”ヒルズあたりは…)、ペットボトルおよび空き缶の廃止&デポジット式リターナブルビンの義務づけや、私が毛嫌いしているタクシー車両のアイドリング禁止(もちろん、酷暑でも厳冬でも…)とかそういうことをやって欲しいものだ(もちろん、私が関連銘柄を保有していない時に…)。

なお、私は、「もったいない」という理由でペットボトルや缶の製品はめったに購入しないし、買っても100%リサイクルに回している。

とはいえ、紙パックでカスピ海ヨーグルトを作るための牛乳を買うけど、紙パックはそのまま捨てている(泣)。

関係ないけど、環境庁のもくろみ通り、「恥ずかしくなく風呂敷を持ち歩けるような国になったら粋だなあ…」とは別の意味で思う(笑)。

この前、橋元龍太郎氏が亡くなられたかと思えば、今度は武富士元会長の武井保雄氏が亡くなられた。

梶山静六氏・中内功氏・藤田田氏・宮路年雄氏などもそうだったように思うが、このように仕事に並々ならぬ情念を持って生きた人というのは失脚したらすぐに亡くなってしまうような気が前からしている(梶山氏は失脚ではなく敗北なのかな?)。

もちろん、元気に活躍しているうちから病気の種はあったからそうなったのだろうが、何となくそんな気がする。

あくまで、何となくなんだけど…。

関係ない話だが、王貞治監督が先日退院されたけど、王監督仰木彬監督のような死に方を望んでいるのだろうな…と(今、ふと)思った。

一昨日に砲丸投げ森千夏選手が亡くなったが、古くは大好きなテレサテン氏から、ナンシー関氏・杉浦日向子氏・中尊寺ゆつこ氏の時もそう思ったけど、女性の夭逝の報を聞くと、長生きした男性の死と違ってとてもいたたまれない気持ちになる。

話は一転するが、日本の食料自給率が前年と変わらずの40%だったそうな…。

どちらにせよ、石油がストップしたら輸入もだけど、国内農業もできなくなるわけだからこんなことにこだわるのは本当にバカバカしいのだが(石油のほうが現実味あるじゃんね…)、この食料自給率ってのはクセモノな指標なわけで、これはカロリーベースで見た数字なのである(このことは前に書いたことがあるかも…)。

野菜なんてのはほとんどカロリーがないからほとんど計上されないけど、日本における野菜の自給率は結構高いのである。

なので、「米と野菜が大丈夫なら死なないよ…」と思ってみたりもする(笑)。

っていうか、アメリカ産牛肉が輸入できなくなっても困り顔だったのは業者ばかりだったわけで、カスタマーはほとんど意に介さなかった(カスタマーは強し!)。

しかし、主食の米が足りなくなった時の農民の意地汚い対応は、タイ米を馬鹿にしたバカ国民と同様に絶対に忘れることはできない。

あの時ばかりは普段から手厚い保護を受けた上にバカ高い農作物を売りつける農民のことを獅子身中の虫だと心の底から思ったものだ…。

前にも書いたけど、純輸入国ほど保護主義に走る必要がないから良質かつ廉価な農産物が出回っているのである。

特に鮮度が大切な野菜(ジャガイモとかタマネギとかじゃないような作物)さえ国内で作れればいいんじゃないの?と私なんかは思ってしまう。

ところで、野菜について書いたからついでに書くが、巷で言われる「中国産野菜の安全性」というのはどんなものなんだろう…。

私はそういった話は「臭いものには蓋」的発想もあり、「文明社会で生きる以上避けられない」と腹をくくっているというのもありで、あまり気にせずに冷凍食品などもバクバク食べているが、ありもしないようなBSE問題でこんなに騒ぐのなら、外食などで知らぬうちに摂取する可能性の高いこちらのほうこそ日本当局が徹底的に監視して欲しいものである。

あと、中国の人口が増えたら中国から輸入だなんていっている場合じゃなくなるかもしれないから、中国から輸入している比率が高い作物のリスクヘッジは長期的には大切かもしれませんな…。