裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

オペラ座の怪人②

長いこと別のミュージカルに出ておられた高井治氏がオペラ座の怪人に復活されたので、昨夜、観に行きましたよ!

3月で千秋楽ということもあり、満席の日が続いているが、今日は1階後ろから3列目のR席(8,400円)の左側から見た。

R席だったので、前回のA席(9,450円)と比べたらちょっと迫力がなかったかもしれない。

 

高井さんについては言わずもがな!

のびやかにからみつくお声に今日も惚れてきました(笑)。

 

もう、「高井治」というフォントを見ただけで「カッコイイ~」と思っちゃいます。

観劇中はあまりのカッコ良さにずっと笑っていました。

 

ここからはしばらくは実際に見たことのある方向けの話。

今回はヒロインのクリスティーヌ・ダーエ(西珠美さん)よりも圧倒的に脇役のメグ・ジリーに目がいった。

それは、メグ・ジリーを演じていた西田ゆりあさんがド真ん中でタイプだったからだ(笑)。

前回はメグ・ジリーになんて見向きもしなかったが、今回はそれだけで釘づけですた。

もちろん、マダム・ジリーは前回同様で、これまた美しくてスタイルの良い戸田愛子さんだったのでGOODですた!

 

そして、やっぱりカルロッタ役の種子島美樹さんは相変わらずいい味を出しておられた。

怪人・クリスティーヌと並ぶ主役のラウル・シャイニュイ子爵は鈴木涼太さんだったが、こちらは「まあまあか…」といった感じではあるものの、ファントムと対決するには迫力不足だったかもしれない。

っていうか、一度でいいから石丸幹ニラウルと高井ファントムの競演が見てみた~い!

 

話はクリスティーヌに戻るが、西(さい)珠美さんは外国の方なのだろうが、前回ライオンキングのシンバ役を務めておられた海宝一輝さんと同じで歌は上手いけど普通のセリフの部分で微妙に気になったかもしれない…。

 

…すんません。

勝手に興奮してドン引きな話を長々と続けちゃいましたね!(笑)。

 

ところで、前回書いたオペラ座の怪人の記事には毎日必ずアクセスがある。

おそらくは「高井治」「オペラ座の怪人」と入力したらGoogleで35番目に表記されるせいもあるのだろう。

「高井さんスゲー」と思った人が、その関連記事を片っ端から読んでいるものとみた(笑)。

 

オペラ座もあと3ヶ月で東京公演は終わっちゃいますぞ!泣いちゃいますね…。

東京中にいらっしゃる高井ファントム中毒の人はどうすれば良いのでしょうか?

次回公演先の大阪まで遠征するしかないんですかね~(笑)。

 

そうそう、汐留のイルミネーションすごくキレイでしたよ!