裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

音楽観(下)

世の中には「ベスト版」を聴くことを恥ずかしく思う人たちがいるとは思うが、私はむしろベスト版以外を聴く余裕なんてあんまりない。

全アルバムを保有しているアーティストはビートルズだけだ。

中にはマニアックにいい曲があってもそんな曲を探すぐらいなら他の人のベスト版を聴く。

そういう厳しい目を持って聴けば、名曲に出会える可能性は高くなる。

オイラが持っている6,400曲のほとんどはベスト盤ばかりである。

○○教だとか○○狂に走るのもいいが(そういうオイラも中学・高校生の頃はビートルズ狂だったが…)、いろいろ欲張って聴いたほうが効率よく名曲に出会えるに決まっている。

そりゃ超ど真ん中に好みのテイストの曲を出すアーティストもいるであろうが、そのアーティストだけを崇拝していてはもったいなさすぎるほど世の中にはたくさんの名曲がある。

世の中にはベスト版ばかりを聴くことをよしとしない風潮があるとは思うが、そんな風潮は鼻で笑ってできるだけ効率よくたくさんの名曲に出会いたいものである。

前編でも述べたが、ランキングや人気に基づくと世間では名曲とされている曲でも私にとっては名曲でもなんでもなくなることはよくある(ということは、ベスト版に入っていない名曲も逃すということになるが…)。

クイーンと聞いて、「やっぱWe will rock youだよね!」とか言うヤツにはオイラはちょっと話を合わせたくなくなる(笑)。

ベタな曲が好きなオイラだが、この曲は普通にどうでもいい曲だと思うからダメだ。

そのかわり、そこまで有名じゃない曲だけど、同じクイーンなら「Breakthru」とか「Keep yourserf alive」といった曲を張り合いに出すヤツは大好きだ。

私はビートルズの中後期が好きだが、初期が好きというヤツの気持ちは感性が違うというだけで、気持ちはわかってやれる。

でも、ビートルズと聞いて「ストローベリーフィールズ…」なんかが好きというヤツも同じようにダメだ(笑)。

「おまえは心の底からストローベリーがいい曲だと思うのか?」と問い返したくなるのだ。

これも、「Brack bird」とか「I will」というヤツはその瞬間から数年来の友人だ。

そんな人がいたらお友達になりましょう(笑)。

逆に、最近の邦楽のランキングに出るような曲しか聴かないヤツとは、正直、音楽の話はしたくない。

それどころか、そいつの親の顔や、そいつが育った環境を見たくなるぐらいだ…(笑)。

ところで、オイラが昔の曲が良いということは多い。

でも、松田聖子だとかピンクレディーやたのきんがいいと言ったことは一度もない。

そりゃ~子供の頃は松田聖子中森明菜が大好きだったけど、ダメ。

普遍的に大したことない。

昔の曲を語るにも普遍的な目を失ったらダメだと思う。

オイラが前にコメントに「『いちご白書をもう一度』『22歳の別れ』『なごり雪』全部マジでサイコー!」って書いたら、友人のまんぷくさんが「ちょっとぉ!風の『22歳の別れ』を好きだなんて、かなり渋い!」と返してくれたのだが、「なごり雪」は誰もが認める超メジャー曲だから置いといて、ここで、「いちご白書よもう一度」じゃなくて「22歳の別れ」って言ってくれたことがたまらなくうれしかった。

オイラもまんぷくさんもまだ30歳そこいらだから嬬恋には行ったりしてないが、両方とも名曲ながらも、社会現象を起こした「いちご…」より「22歳…」のほうがビミョーに名曲なだけに、「いちごじゃなくて22歳」って言ってくれたことがホントにうれしいかったのである…。

ちょっと前にテレサ・テンの「別れの予感」について書いたが、これも、「時の流れに身をまかせ」じゃなくてこの曲を挙げてくれる人がいたら好きだな~(笑)。

話は戻るが、ヒット率というものは今も昔もあんまり変わらないのだろうと思う。

むしろ、邦楽が一番輝いていたのはオイラの大学時代とかぶるからかもしれないが、1995年~2000年頃じゃなかったかと思う。

昔から活躍している竹内まりやの曲でオイラが一番好きなのは「今夜はHearty Party」だし、なんかこの頃の曲は絶対的に元気があった。

でも、オイラがサザンで一番好きな曲は「さよならベイビー」で(桑田佳祐単独の「悲しい気持ち」を除けば…だが)、むしろ、この時期の「エロティカ・セブンあたりからはあんまり…」って感じではあるのだが…(言っていることが矛盾しているけど…)。

とにかく、昔の曲がいいような気がするのはいい曲だけが残っているからである。

いつも同じことを言うが、今の曲を追いかけるより、昔の曲を聴くほうがいい曲に出会える可能性が圧倒的に高いのである(小説も映画も漫画もゲームも全部そうでしょ?)。

だから、オイラは昔の曲や小説や映画を知らずに、サプライサイドに乗せられて今のものだけ追っかけるヤツのことは尊敬できない(結局言いたいことはいつもと同じですな…)。