裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

小沢氏の乱心について思うこと

最近、弱弱しい内面の吐露が続いたので普段のモードに少し戻ります(笑)。

まず、この問題は、衆議院小選挙区制と、参議院が力を持ちすぎている二院制制度のあり方に行き着くように思う。

前者は国民の利益に資する制度だが、後者の弊害がチキンレースを呼んで起きた出来事だったわけである。

得られる情報が少ないのでなんとも言えない部分もあるが、思うことを以下に書いていく。

そもそも、小沢氏は日本の政治を二大政党制にするために細川内閣樹立以降マキャベリズムを押し通してきたのではないのか?と思う。

その目的のために徹底的に手段を選ばず、たとえ、日本の国際的地位を傷つける行為をもあえて行うという作戦できたではないか?(まあ、小沢氏には「国連至上主義」というおかしな理論も根底にはあるのだが…)とも思う。

長期的な視点から理想を語る安倍氏に対して、選挙に勝つために、本質的な国家観の議論を徹底的に避け、バカな国民に対して甘い汁をぶらさげ続け、スキャンダルを取り上げ続けたのもすべてそのためではなかったのだろうか…。

理想は語れど脇の甘い青年宰相の安倍氏を八方塞がりに追い込むことで退陣に追いやったものの(ところで、何度「退陣」と変換しても「タイ人」と出たのにウケた…)、理想はなくても老獪な福田氏が首相になったとたんに懐柔されるのだからおバカな話である。

大連立は自民党にとっては渡りに船だが、民主党にとっては百害あって一利無し以外の何者でもないのだから…(理由は後述)。

ねじれ国会で一本も法案が成立しないという事態は異常な事態ではあるが、二院制であればあらかじめ予想できたことでもある。

この異常な状態が現在のように続くことは両党にとって辛く、もはやチキンレースと言っても過言ではない状態になっていた。

そして、このチキンレースにとうとう根負けしたのはこれまで最も強硬な姿勢で臨み、安倍氏にいじわるするだけいじわるしてきた小沢氏だったのだから呆れてしまう。

しかもすべて民主党のシナリオ通りにコトが進み、自民党は虫の息で、民主党の勝ちが目前だったのにオウンゴールをされたのだからたまらない。

「法案の嵐作戦」で政権担当能力があることを誇示しようとがんばってきた他の民主党議員がいたたまれなくて仕方ない。

この膠着した状況を打破するために必要なことは、二院制の力関係を見直すか、二院制をやめるか、欧米の二院制各国が長年の経験を生かしてそうしているように英知を絞って一つ一つの法案に対して協議を重ねていくことのどれかしかないであろう。

まあ、実質的に前者は難しいだろうから後者しかないのだと思う。

あとはかつてのクリントン政権のように自民党が野党案を丸呑みして成立させまくるという手もあるが、これは自民党側が有するカードである。

確かに、法案を通さないと国政や国民の営みに支障が出るが、二大政党制を成立させていくことは、それよりも国民の利益に資すると思うし(まあ、最強のキャスティングボードを握る某宗教政党の存在はまことに邪魔だが…)、少なくとも民主党にとっては最大の存続目的であるはずだ。

その理想のためだけに、政権にも有りつけず、官僚のサポートもなく、臭い飯を食い続けているのが民主党の議員達なのだからそこは絶対に譲ってはならないはずだ(そして、臭い飯を食べているからこそ官僚との癒着がないという点こそ、民主党が圧倒的に自民党より勝る点でもあるのだ!)。

そして、その目的は必ずしや国民の利益に資するはずで、そう信じるからこそ多大な時間を空費して国民と国会は小選挙区制を選択したのではなかったのか…。

また、当然ながら、小選挙区制に大連立は絶対に馴染まない。

しかし、中選挙区制にすれば政治は必ず腐敗するので、そういった復古主義に耳を貸してはならない。

小選挙区制以外で日本の政治が良くなることは絶対に絶対にない。

小選挙区制になって悪くなったことなんて、良くなったことと比べればどこをどう考えたってしれている。

民主党が今回大勝したのは一人区だったのだから、ドラスティックな政治変動は小選挙区制からしか起こりえないのである。

小沢氏の提案を即座に拒否した民主党執行部は本当に立派だったが、小沢氏以外に党首になりえる人材がいないことを露呈してしまい、党勢に甚大なダメージを被った。

選挙における小沢神話に民主党全体がすがっている状況は見ていてあまりに情けない。

本音では小沢氏がグループを引き連れて自民と組むのが怖かったというのもあるのだろうが、国民は民主党に愛想をつかしたであろう。

今回、小沢氏が続投したことが凶とならないためには、閣外から是々非々で政策論争に応じて国民のために本当に必要な法案をきちんと成立させていくしか方法はない。

給油関連法案などはその先鞭をつけるものであろう。

場合によっては消費税増税を手がけてみてもおもしろいかもしれない。

ところで、自民党安倍氏を早く登板させすぎてつぶしてしまったが、民主党には前原氏という懐刀がいる。

しかし、氏も安倍氏同様に経験不足であることを過去に露呈したわけで(まだ傷が浅くつぶされなかったから良かったが…)、氏は10年後に首相になるつもりでいれば良く、小沢氏の次の代表は岡田氏あたりがちょうど良いのであろう。

多くの人が気づいている本質だが、現在の政治制度では解散権のある衆議院を握ったほうより、参議院を握ったほうが国会では強い。

参議院民主党が握っているという状況が存在する以上、民主党には次回の通常選挙参議院選挙)の前に訪れる総選挙(衆議院選挙)でなんとしても政権を奪取して欲しいと思うし、そのことによって日本に二大政党制を根づかせて欲しいと思う。

小沢氏代表就任を期に一貫した民主党支持から自民党支持に移った私ですらそのような展開を願っているのだ。

どちらが政権を握ることより二大政党制を根づかせることは重大なことなのだ。

まあ、願わくば小沢代表のもとではない真摯な代表のもとで政権交代が起きることを願いたいのではあるが…。

それにしても今回の茶番劇は小沢氏の意外なもろさを露呈し、また、民主党に大きなダメージを与えたものだ…。