裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

今日の雑感

昨日と今日の空気がきれいなのは一昨日に雨が降ってくれたからだ。

いつも自転車通勤時に勝どき橋を渡りながら東京タワーを見て空気が澄んでいるかをチェックするのだが、昨日の夜はすごくきれいだった。

ずっと雨が降らずにいた水曜日は空気が汚くなってて、いい加減にそろそろ雨が必要だなと思っていたのだ…。

 

以下、最近の雑感。

 

私はこれまで地方の衰退を憂いながらも、筋の通らない地方重視政策には納得しないできたが、このたび打ち出した地方法人特別税の発想は受け入れられるように思う。

というより、都市部から地方に税金を委譲しようとするならばこういったやり方しかないであろうと思っていた。

法人事業税は所得や資本金に応じて納めるため本社機能がある自治体に多く納められるのだが、就労人口等に比例して割り振られる分があってしかるべきだと前から思っていたのだ(でも、今回の案はあまりに額が小さいよね…)。

三位一体改革の流れは間違っているとは思わないし、東国原氏なんかが言う「交付金は減らさないで…」という安易な発想にも賛同しかねるが(宮崎出身のオイラが言うのだ)、法人事業税に関してはこれまでがアンフェアだったのだ。

交付税は縮小して、こういった税をもっとフェアにすればいいのだと思う。

それと、意外や意外に石原都知事もしぶしぶ了承したみたいでビックリした。

 

そうそう、そういえば息子の石原伸晃氏は長らくフリーでがんばってきたのになんで山崎派に入ったんだろ…。

他の派閥ならともかく山崎派ねぇ~。

もうじき三男も入るらしいね…。

まあ、武部氏とかまともといえばまともな人材もいるけどボスがあれじゃあね…。

 

野球はシーズン中よりポストシーズンのやり取りのほうが好きだったりするのだが、1度目の交渉を保留にした涌井投手が2回目の交渉で金額を変えずに押印し、球団から求められていた松坂投手がつけていた背番号18番への変更は「重すぎる。タイトルをとってから」ということで断ったようだが、保留にしときながら金額は変えずに背番号のほうだけ辞退するなんてなかなかさわやかな話だと思った。

保留保留の銭闘や「メジャーに行かせてくれ」発言ばかりだとファンとして興ざめになることもあるからね~。

特に暴投が多くても新垣投手のことは応援してたのに(むしろ暴投記録はおもしろがっていたが…)あんなこと言うからちょっと冷めたよ…(一番応援している和田投手もメジャー志向だしなあ…)。

井口選手や城島選手がいた強いホークスにノスタルジィを感じるオイラとしてはもうやだ。

でも、今年の巨人の補強ぶりはやっぱり巨人らしくて笑えるが、あの戦力でいつもぶっちぎりにならないところがおもしろいよな~(でも、来年はさすがに?)。

 

そういえば、従軍慰安婦の決議が欧州議会でも出るとか…。

沖縄の集団自決もそうだけど、とっとと非を認めるほうが断然楽なのに簡単に認められない事由ってのがあるようだからこの国は大変ですなぁ~。

まあ、オイラはいろいろと事情があるにせよ(もちろんそれなりには勉強して多少はわかっている)とっとと非を認めたほうがマシと思うけど…。

 

サブプライムの資金供給については別におもしろくない意見しか述べられないし、食品偽装については思うところを改めて書かないとここでは書ききれんな…(笑)。

 

【追記】

法人事業税は都道府県税であり、その半分を「地方法人特別税」という国税に変更し、国が配分を決めて「地方法人特別譲与税」として配りなおすこのやり方はある意味、人の財布に手を入れるやり方であり、完全に正当性があるとは思っていません。

もっとベターな方法があると思っています。

また、僕は文の後半に「リベラル」な記述をしていますが基本的にはどちらかといえば右寄りな人間であるということをことわっておきます。