裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

“かわいい”をみつけたり!

近所の月島・勝どき界隈は店は少ないくせに、築地の隣だからなのかやたらと美味い店が点在する。

しかも美味いものには金を惜しまない世間の女性どもと違って、価格と味との釣り合いにとてもうるさい俺がいうのだからその価値は間違いない。

 

まず、俺がビックリしたのが魚仁。

外観・内装とかサービスとかは最下級レベルだが、ここのマグロにはマジでたまげた。

赤いくせに中トロのような味。

値段も安い!絶対食う価値あり!

 

次は、かねます。

ここは前にも紹介したが、立ち飲み屋としては異常な料理のレベル。

値段はしょせん元値が高いので安くない。

でも立ち飲みスタイルと出す料理のアンバランスさが笑えます。

 

昨日攻めたのは岸田屋。

あの美味しんぼ1巻に登場したといういわくつきの店。

ここの煮込みと肉豆腐は本当に美味い。

 

でも、昨日は別のミラクル発見。

この店の女将さんはおばあちゃんと呼んでもいいくらいの年齢の方なのに異常なまでにかわいいのだ。

その立ち振る舞い・オーラ・発する日本語の美しさ・機知すべて完全に少女。

少女から甘えとか未熟さとかそういう要素を抜き去った少女。

人生の酸いも甘いもわかってらっしゃる女将さんがあんなにもステキなことに圧倒された。

 

あの魅力にはいくら若くて美人の女子を連れてきても太刀打ちできんと心から思った。

むしろ、子供といい歳のとりかたをしたご老人こそがかわいさの頂点に君臨すると思うのだが、あの魅力は無駄にかわいい子供や仔犬でも出せませぬ。

あまりにもステキでかわいかったから仕事中ニヤニヤしてたもん…(笑)。

 

ここ数年前から、一生懸命にトイレを掃除しているおばちゃんとかがやたらとかわいく思えるようになった。

エロスという動物的要素を排除し、人間本来の美しさが投影されている気がするのだ。

おばちゃんの顔のしわ一つとってもとても美しく思え、見た目だけ美しく、媚びや甘えの気を発する女性の美しさにそれほど価値がないように思えてくるのだ。

 

ところでこの「かわいさ」という感情は、俺の中では最高級の褒め言葉だ。

かわいいにもレベルの低いかわいいから最高級のかわいいまであると思うが、俺がここで用いているかわいいは最高級の要素を包括した「かわいい」だ。

いわば、「愛燦燦」で「心秘そかな嬉し涙を流したりして人はかわいい」と用いられるような「かわいい」だ。

 

あえて書くが、俺って人から「イケメン」って言われること多いんだけど、正直このところあれうれしくない。

いい歳のとりかたをして「かわいい」って少しでも多くの人に思ってもらえるように、そういうたたずまいを発する人間になれるように、自分に誇りを持てるような恥ずかしくない生き方をしなきゃって思う。

 

話は戻って、銀座から歩いて行ける距離にあるのに路地にはっきりとした江戸っ子の息(=粋)づかいを感じるこの界隈は隣の東の晴海・西の築地エリアとともに大規模な再開発が行われ始めているけど(まあ、都心一等地の土地効率的観点からいえばしょうがないんだろうけど…)、今ならまだ間に合います。