裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

白馬にて苦行

人生3度目のスノーボードをしに白馬栂池(つがいけ)まで行ってきた。

行く前から「苦行だから行きたくない」と心のなかでわめいていたのだが、実際のところ、やはり苦行であった。

行きの深夜バスもスノボ自体も寒さも帰りのバスもとてつもなく苦行也。

ついでにこれもわかりきっていたが、帰ってからの筋肉痛も苦行也。

スキー場に関しては、ゴンドラが一気に4キロも登ってくれるからとても長い距離を降りてこられるのはすばらしかった。

また、雪は白馬だけあってパウダースノーで上手くなった気にはなれた。

とはいえ、中級コースをゆっくり降りてくるぐらいでとどまっているのだが、この上の水準にいくには上手い人にヒントを仰ぐか、シーズンに2回以上行くか、怖がらずにスピードを上げてみるかのどれかが必要になるように思った。

でもこのどれもやる気ないからこれ以上はあまり上手くならないのかもしれないが、別に上手くなりたいというモチベーションもないのだから仕方ない。

この前、ボウリングに行った時に「確かに俺下手だけど、180点とか取れるようになっても別にうれしくないよな…」と思ったのと同じ感覚である(笑)。

早朝バスで着いたら外の天気が雨(スキー場を上ればたぶん雪)でとても滑る気がしなかったのだが、アーリーチェックインができたのはものすごくラッキーだった。

爆睡して昼に起きたら晴れになったので、それからスキー場に繰り出した。

3時間もやればヘトヘトになるのでそれでちょうど良いのだ。

運動不足からくる足腰の弱さを実感したのと、意外に首と前腕が最も筋肉痛になったことに驚いた(コケるからこんな部位が痛くなる)。

首は首相撲をやった後、前腕はサンドバックへのパンチの打ち込みをやった後に起きる箇所と同じ箇所が痛くなった。

下半身強化のための四股(しこ)とテッポウおよび首相撲とサンドバックの打ち込みに励まねばとつくづく思った(笑)。

とはいえ、スキー・スノボの類は20代までのスポーツだな…。

それを超えると楽しさを苦痛が上回る率が高くなる。

話は変わるが、映画「靖国」を家で観た。

イデオロギー云々以前にものすごく出来の悪い映画でビックリした。

今までみたあらゆる映画の中でも3本の指に入るほど私にとってはつまらなかったので絶対に観ないほうがいいと思う。

別に偏りがある内容であるとも思わない代わりに、この映画を観て靖国のことについての理解は何も深まらないとも思った。

ただ、右翼の人をずっと映しているので、外国人などそれをニュートラルと勘違いしかねない人に対しては大きな誤解を招くかもしれないと思った。

とはいえ、8月15日の靖国神社がとてもおもしろいことになっているということはわかった。

毎年7月に9日間の夏休みを取っているので、8月15日は普通に仕事していることが多いのだが、今年は土曜日だから観察に行こうかと思った。

とはいえ、暑いのは寒いよりもキツイからなあ…。

それにしてもこんな最悪な出来の映画が賞を取ったり、補助金をもらったり、話題になったりしたのを考えると滑稽を通り越して不愉快ですらある。

若麒麟の件。

あれは大麻云々より、あれだけニュースになった後にやったバカさに誰もがうんざりしたのだろうが、解雇だの除名だのという議論よりこれからの彼の人生が心配でもある。

永田氏のように自殺に走るようなタマじゃないだろうけど、社会的制裁を受け、全てを失った後のこれからの人生で人の道を外れずに生きられるか心配だ。

今の日本社会は彼に再チャレンジを許してくれるのだろうか…。

くしくも同じ日に大麻を吸ったことを告白したことが報じられたフェルプス氏はこれで幕引きになるんだろうし、オバマ氏も大麻に溺れたことがあると告白してたもんなぁ~。

そういえば、くしくも同じ日にオバマ氏の弟が大麻で逮捕されてましたなあ…。