裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

政治の貧困

過去に何度も何度も言っているけれでも、私は小泉氏の道路公団民営化も郵政民営化も反対だったが(高速道路は無料化、郵便は国営、郵貯簡保は廃止という意見を一貫して持っている)、それにしても同じ選挙の議席で成り立った麻生内閣のあまりの節操のなさには腹がたってしょうがない。

高速道路料金をこうも荒っぽくいじっておいてどこが民営化なのか全くわからないし、郵政も鳩山や総務省が意思決定を覆すばかりで民営化した意味が全くわからない。

ハッキリ言って小泉氏がやってきたことはこの半年でメチャクチャにされてしまったわけだが、これをやったのが郵政選挙で当選した議員が作った内閣なのだから言葉も出ない。

当の小泉氏にここまでメチャクチャにされてどう思うのか聞いてみたいぐらいである。

私は高速道路料金は無料化が望ましいと思っているし、民主党もそのように考えているが、仮に民主党が政権をとった後に無料化したら、ETC装置はすべてが無意味になるわけで、それをわかっていながらETC普及率を上げるための露骨な政策をとっているのだから自民党や役人のやることには本当に腹が立つ。

休日を1,000円にするのであればETCがあろうがなかろうが料金所の収受員でも簡単に計算できるのだから、ETC搭載車のみを割引にするなんてこんなバカげた政策はない。

工業などの産業はともかく生活者にとって自動車ほど二酸化炭素を排出するものはないというのにその排出を徹底的に推奨する政策を採りながらクールビズだの打ち水だの焼け石に水どころかもはやヤケクソ的なことを言う政府の連中にも参る。

さらに13年以上乗った車やエコ家電への買い替えには補助金を出すなどとバカな追加経済政策を打ち出しているようだが、本当に環境のことを考えるならばずっと買い換えずに車に乗った人やいつまでも電化製品を大切に扱った人に金一封でも送りでもすればいいものを、買い替え行為そのものに対してエコの看板を掲げるとは恐れ入る。

どんなにエコ家電で省エネをしようとも、そのエコ家電を作るために使ったエネルギーと比べたら、節約できるエネルギーは焼け石に水なことはぐらい簡単に入手できる情報であるわけで、これまた何もかも言っていることが本当にヤケクソ的なのだ。

景気対策をするのはいいけど、効きもしないエコを前面に出すのはやめて欲しいものだ。

他にも、いくらでも悪用されそうなバラマキをやったり、効かぬ財政出動をしたり、意味のわからぬ規制をしたり、円高を放置したりもうやりたい放題ですな…。

そして、そのメチャクチャの極めつけが(影響はかわいいけど…)鳩山の日本郵政に対する一連の動きであり、政治が貧困な日本にあっても、この半年ほど政治の衰退に怒りを感じた半年はない。

それと、私は小泉改革に賛成というわけではなかったが、ここ1~2年でそれを「行き過ぎだった」と論じる人間の言っていることに賛同できたことはまずないし、こういう人間の言っている主張には悪質さを感じることばかりである。

むしろ、小泉改革が中途半端だったからここまで骨抜きにされたのかなと思う。

そして、それにしてもそれらを報じるマスコミがあまりに判断力や分析力を失ってしまっているのにもほとほと困ってしまう。

ここからは余談。

少し前に、長崎の対馬で税金滞納者に対する定額給付金の差し押さえがあったらしいが、鳩山はこれにもケチをつけていた。

税金も払わないような人間に金を支給するほうがどうかしているわけで全く理解に苦しむ発言である。

税金はNHKの受信料じゃないんだから払わないヤツの財産なんか片っ端から差し押さえなくてどうすると言いたいところである。

ヤツは中央郵便局の件でも文化がどうのこうのと日本郵政に言いがかりをつけてもめていたが、こんなものよりよほど歌舞伎座のほうが残って欲しいと東京に住む多くの人間は思っているのでなかろうかと私は思う(願う?)。

単なる箱モノである中央郵便局を残すことを「文化」と言うが、歌舞伎座築地市場の存在こそが単なる箱・ハードを超えた文化と呼ぶべきものであるように思うのだが、これらは無くなってしまうのね…。

歌舞伎座の前を通るたびに、昼休みに市場で飯を食うたびに思うっすよ…。

築地界隈の朝は常に国内外の観光客で賑わっているし(その観光客や市場の労働者をかいくぐって職場に向かう私だが…)、どうやら外の観光客の満足度も高いようだし、この存在こそ文化なんだけどね。

なんて、歌舞伎座築地市場をいつも見ている人間の感傷なのかね~。

文化といえば、中央郵便局より月島の路地のほうが保存価値あるかもね…(笑)。