裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

はい!八百長です!

前回、八百長のこと書いていたのでついでに。

俺の名字には「長」という字があるのだが、もし、俺が八百屋になったら絶対に「八百長」にして、電話口で「はい!八百長です!」って言いたいんだけど、八百屋になる予定がさっぱりないのが残念だ。

最近は書く頻度がすっかり落ちたが、このブログは細々と続いている。

継続が力にならない最たるものが俺のブログだろうとも思っている。

でも、このように意味のあるなしに習慣をだらだらと持続させるのは俺の特徴だ。

 

日記は前から数日おきに書いてきたが、結婚した日からは嫁と同じ十年日記帳に一日も欠かさずに書いている(旅行時は帰宅後にまとめて書く)。

家計簿もEXCELに嫁と二人分を全部入力している(お賽銭以外)。

食べたものとそのおおよそのカロリーも長らくEXCELに入力している(旅行の時などは省略)。

これらも継続が力にならない習慣ばかりである。

 

同じことをだらだらと続ける傾向があるというか、何より俺は判で押したような生活を好んでいる。

 

前は自転車通勤かつ9時ギリギリに出社していたので8時20分起きだったが、今は徒歩通勤かつ少し早目に行っているので、起きるのは毎朝7時55分で固定している。

朝の準備は、目をつぶってもできるのではないかと思うくらいにルーティン化しているので毎日全く同じ動作をしている。

もらった置時計を洗面所に置いている以外には家の中に時計を置いていないのだが、家を出る前に携帯電話で時刻を確認すると毎朝全く同じ時刻である(会社に着く時間は信号の関係で2分程度ずれが生じる)。

朝食は低脂肪ヨーグルト100グラムにグラノーラ少々とレーズン数粒をかけたもの、食パン(超熟)にコンデンスミルクを軽く塗ったもの、および水と長らく決まっている。

着る服は前の晩にたたんで用意しておいたものを着る。

血圧が高めなためか寝起きは極めていいので、起きた瞬間に100メートル全力疾走可能なのだが、それでも、「夜の5分は朝の1分」という勝手に唱え、ギリギリまで寝ていたいのでそのようにしている。

 

昼食は、お気に入りのさぬきうどん屋で週に2回(冬でも冷やし・温泉卵・ゴボウとシイタケの天ぷら)、立ち食いそばのゆで太郎で1~2回(冬でももりそば・ささみの天ぷら)、人と食事か築地場内で1~2回と、長らく固定している。

食べることは何よりも大好きなことなのだが、カロリーと満腹感と咀嚼感と費用を総合的に考慮するとうどんかもりそばになってしまうのだ…。

 

職場での間食は長らく、美味すぎずに空腹感を満たせるアーモンド(空腹度によって5~23粒の間で調整)か、三ツ矢サイダーキャンディー(これも美味すぎないのがいい)で、飲み物は浄水器を通した水である。

これもカロリーと満腹感と咀嚼感と費用を総合的に考慮した結果そのようにしている。

 

使っている消耗品も何年間もずっと同じで、少々のセールで他の銘柄が安くなっていたとしても銘柄を変えるようなことはしない。

もし、銘柄を変えるならば今後はずっとその銘柄で行くというぐらいの覚悟で変える。

例えば、フレグランスも10年ほど前にブルガリ・ブルーに変えてからはずっと変えていないし、食べるガムも10年ぐらいずっとリカルデントだったのだが、昨年にクロレッツに変えてからはずっとクロレッツである。

 

このように極端に変化のない生活を好んでいるのだが、趣味の読書・旅行・散策・食べ歩きなどについては当然ながら変化があるので、変化はそれで満足ということなのだろうと思っている。

とはいえ、何事にも好奇心旺盛な女子にとってみれば信じられないだろうと思うし、世の中、俺みたいな人間ばかりじゃないからいろんな会社がやっていけるのだろうとも思う(笑)。