裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

交通に関するあれこれ

圏央道の開通が相次ぐが、今日の東名・関越間の開通は効果がデカい。

車嫌いでありながら道路好きの俺は、家を出て豊洲で乗って中央環状を一周して大橋インター経由でその後に都心環状をもう一週してレインボーブリッジ渡るなんて荒業をやったり、新しい道路ができるたびに試走しに行っているのだが、圏央道は放射ではなく環状のネットワークだし、そもそもインターまで遠いし、外環や中央環状と違って円周が長いので挑むのはまだ先になりそうだ(その分いらぬカネもかかるし…)。

っていうか、第二東名もまだ走っていないのだった~ぁ!

新聞の夕刊一面に圏央道開通の報なら、朝刊一面の報は、小仏トンネルあたりの路肩を車線化という内容。

ビッグデータ解析で路肩の車線変更が効果的な区間が割り出せた」などと述べているが、そんなことしなくてもそんな区間ぐらいわかるだろ!とツッコミ満載だが、この取り組みに対しては大賛成するしかない。

というか、今まで手を打たなかった国土交通省のアンポンタンさに腹が立つだけですけど…。

ちなみに圏央道開通は小仏トンネルの渋滞解消にはほとんど寄与せんでしょうな。

小仏トンネルをあと一本、第二東名より大和バス停付近をどうにかせよ!」と前々から叫んでいるが、これで少しでも緩和したら行楽のために山梨方面にもう少し行く気が起きるかもしれん。

道路は道路でも歩道だが、今日の朝刊に「港区店先灰皿撤去へ」と条例を改正と出ていた。

実にすばらしい!

こういった条例は他の自治体でも推進して欲しいし、できればあと2歩踏み込んで飲食店で、分煙していない店は完全禁煙というところまで踏み込むことも夢として願っています。

「タバコを吸う人間に厳しすぎる」というような論調をメディアで見かけるが、日本ほど喫煙者に甘い国はそうそうありませぬ。

喫煙者は俺にとっては悪の権化としか思えず、どんどん追い込んで欲しいものである。

あとは歩行者でなく自転車について。

自転車漕ぎながらの通話はまだ許せるが、自転車漕ぎながらスマホ操作とか(歩きながらスマホ操作している奴に対しては一切避けないようにしているが自転車相手ではこちらの分が悪い)、自転車の車道逆走とか、傘さしながらの運転とか、右折レーンを使っての右折とか(思わず轢かれろ!と願ってしまう)、どう考えてもありえん運転をしている奴が多いのだから、警察は盗難自転車探しに血道を上げるよりこっちをどうにかして欲しい。

取り締まるわけにもいかんのだろうが、自分の運動神経が鈍いから、もしくは傲慢であるがゆえに、ベルを鳴らしながら運転するバカを取りしまることはできんのだろうか。

そして、ベルより10倍イラっとするのがクラクション。

特に夜中にクラクションを鳴らした大型トラックの運転手の身の不幸は常に願っております。

というか、俺自身はクラクションを必要としたことはこれまでほとんどないし、通勤電車に乗らない俺としては、全ストレスの30%はクラクションの音のうるささに対するイライラが占めると思うので、車からクラクションを取ってくれんかと真面目に思っているがどうせかなうことのない夢です。

嫁からはクラクションの音に異常なまでに反応してイライラしすぎと注意されていますが…。

確かに一度クラクションの音が聞こえただけで、蚊の飛ぶ音が聞こえるのと同じぐらいに怒るのでそうかもしれませぬ。

最後は、別の乗りものについて。

築地市場のターレット(荷物運搬車)をスマホ操作しながら乗っている人が多いのが以前から気になって仕方なかったのだが、交通整理している警察官がフツーに現行犯を見逃していたのでその警察官を俺が注意しておきました…(笑)。