裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

プーさんを見習う

仕事をせずに何もしない。

景色が良くて空気の美味い別荘で何もしない。

絶景リゾートで何もしない。

というのに昔から強く憧れるのだが、実際の自分は常にせわしなく、嫁としゃべったり、本を読んだり、ネットサーフィンをしたり、ギターを弾いたり、常に何かをしてしまいがちで、かつ、出かけるのが大好きで、俗にいう「まったり」とした時間を過ごすのは苦手なほうである。

酒やコーヒーを飲むのもやたらと速ければ、カフェや居酒屋での滞在時間もかなり短い。

でも、それに強く憧れるのであれば、土日の片方は意図的に徹底的に何もしないリゾート的な過ごし方をしてみようじゃないかと思ったのである。

もちろん、別荘や絶景リゾートでそれができる立場なのならいいのだろうが無理だし、移動もせずに済むのでそれを意図的に自宅でしようと思うのである。

先に上げた過ごし方の大きな特徴は非日常ということになり、家にいるのは日常そのものなのだが、理想の空間にしたつもりの我が家のリビングで過ごしているということと、窓の外の景色の半分を隅田川の水面が占め、常に船が行き交い鳥が飛びまわる光景や、築地市場・汐留のビル群・浜離宮・東京タワーを望める我が家の眺望には日常でありながらも非日常性があるので、別荘や絶景リゾートではないけど、時間をかけてコーヒーを淹れ、好きな音楽を聴いて、ネットはできるだけしないようにしてゆっくりと過ごせばそれなりに日常を超えた時間を過ごすことができる(と思いこむ)。

難点は自然の少なさと山が見えないことだが、前者は片方の休日でカバーし、後者に関してはここは関東平野の海の近くなのであきらめるしかない。

平日に関しては、前は8時に起きていたのに、今は何を思ったか5時半に起きて、ジョギング・自重トレーニング・新聞をしっかりと読む・ギターの練習・食洗器から食器をしまう・ゴミ出し・掃除などといったことをやっている。

ギターは趣味でもあるが練習には面倒くさい面もあり、面倒くさいことは全て出社前に終わらせて、その代わり、会社から帰った後は辛いことは何一つしないと決めて過ごすことにしたのだ。

前は、休日もこの朝の日課をするように心がけていたのだが、やはり休日はとことん休んだほうが心のバランスのためには良いと考えて休むことにした。

また、休日は晴れていれば土日とも出かけるようにしていたのだが、片方は「何もしない」日にしたいとは先に述べた通りではあるものの、いちいちこんな文章を書いているようではまだまだ「何もしない」ができていないなとも思っている(笑)。