裏GOODDAYS 日々の随想

こちらは日々の随想を吐き出している裏ページです

匿名性と「生産性」

ちきりんさんという有名ブロガーがいらっしゃって、とても内容があるので、ブログを読んだことも多々あれば、本も数冊購読したことがある。

ちきりんさんは匿名性を大切にしているため、対談や講演などでもお面をかぶって顔を出さないようにしているらしい。

また、肩書による信用補強がなくても読む価値がある文章を書いているか知りたかったともあり、実際に匿名で大ヒットするのだから力量抜群ということを実力で証明しているわけである。

ところで、ちきりんさんとマッキンゼー出身の伊賀泰代さんという方と経歴があまりに似ているので、この方がちきりんさんなのではないかと噂が長らく出ているのだが、ちきりんさん本人はそのような無用な疑惑に関しては肯定も否定もしないことで噂をスルーして乗り切っているというふうに受け取れる。

もちろん、俺もそんなことを追求するのは野暮なことだと思ってきた。

しかし、このたび、ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」という本と伊賀泰代さんの「生産性」という本がほぼ同時にダイヤモンド社から発行され、装丁のデザインや本のサイズや材質が似ていて、新聞広告を含め、これでもかというぐらい抱き合わせで並べられていて、ちきりんさんのブログにも双方の写真が写してある(しかも、むしろ「生産性」の露出のほうが大きい)。

ここまでやってしまうと同一人物と認めるなと言うほうが無理かもと思ってしまうのだが、今回は敢えてそうされたのであろう。

俺が購読したのは「自分の時間を取り戻そう」のほうだけなのだが、この本にはこれでもかというぐらい生産性について書かれており、逆に「生産性」のほうは目次を読む限り人事のことについてばかり書かれている(俺が会社で人事に関わることはなさそうなので人事への興味がわかず、今のところ読んでいない)。

「ちきりんさんは橘玲さんなどと同じで匿名性というものを大切にしているのだな。そうだろう、そうだろう。今の暴力的と言ってもいいぐらいのネット社会において有名になって顔が割れていいことなんて何一つないもんな~。かしこいかしこい」と思ってきたのだが、今回からどう考えても路線を変更したように思った。

新たなシナジーを作るマーケティングだとすら思ったぐらいだが、もしかしたらもうバレバレなので、「こうなったらシナジーを発揮するか!」と思われたのかもしれん。

実際、ものすごくシナジーは発揮されたと思う。

ちきりんさんが伊賀さんなのだとしたら、ちきりんさんご自身の文章にある通り、いかにも悠々自適に過ごしている風にも見えながら、誰よりも生産性について考えて、本にある通り、ここぞという場面では自らをとことん追い込んでいるのだろうし、やはりマッキンゼーに17年間も残れたぐらいなのだから自己実現のために何かとインパクトを残す仕事をせずにおられない方なんでしょうな。

何せ一人でダブルキャラクターを演じて二人分のパフォーマンスを挙げてらっしゃるのだから生産性の高いことこの上なしである。